確定申告を忘れて諦めていた「住宅ローン控除」に再挑戦

  • 2022-02-18
  • 2022-02-18
  • ブログ
  • 21View
  • 0件

「数年前に工事をしたのですが、税務署に確認したら遡って申告できるということなので、増改築等工事証明書を発行してもらえますか?」 

住宅ローンを利用して自宅のリフォームを行った時、いくつかの要件をクリアすれば所得税から一定の額が差し引かれる「住宅ローン控除」の制度を受けることができます。

そのためには、会社員であっても住宅ローンを利用してリフォームを行った翌年は確定申告が必要です。しかし、確定申告の期限内に申告を忘れてしまった。又は、リフォームから数年後に「住宅ローン控除」を受けられることを知ったという方もいるのではないでしょうか。
場合によっては、工事の翌年の確定申告を過ぎてしまっても「住宅ローン控除」を受けられる場合がありますので、心当たりのある方は一度税務署にご相談に行ってみることをお勧めします。

弊社では、必要書類が揃っていれば 数年前の工事でも増改築等工事証明書の発行を行っておりますので、税務署で、「申告できますよ」と回答が得られた場合は是非ご相談下さい。


住宅ローンを利用して、増築や省エネ、バリアフリーリフォームなど、100万円を超えるリフォーム工事をした場合には、住宅ローン減税の対象になります。
入居した年から10年間、ローン残高の1.0%が所得税額から控除されます。所得税から控除しきれない分は住民税からも一部控除が受けられます。

最新情報をチェックしよう!
>住宅ローン減税でリフォームもお得に!

住宅ローン減税でリフォームもお得に!

全国どこでも 発行手数料 27,500(税込)

※但し、郵送又はメールにて必要書類が確認できる場合

ありがとうございます。
おかげさまで増改築等工事証明書発行
16年になります。

増改築等工事証明書のご相談は

株式会社 ナインマンス一級建築士事務所

/ 担当  設計部:みやけ

〒240-0004
横浜市保土ヶ谷区岩間町2丁目161番地1

電話 045-338-1920 / FAX 045-338-1921(水曜定休)